東京の審美歯科の最新ニュース

うれしいときや楽しいとき、人は自然に笑顔になります。
落ち込んでいるときでも、笑顔をつくっていると、少しずつ気分が明るくなってくるものです。逆に、不機嫌な顔をつくっていると、必要以上に気分まで暗くなってしまうものです。
大変驚くべきことですが、心理学の研究でも証明されつつあります。つまり、うれしいと、脳から顔の筋肉に刺激がいき笑顔になる、その反対に、笑顔という表情をつくることで脳に刺激がいき、うれしく感じるというのです。
顔には表情をつくるための約80種類の表情筋という筋肉がついており、笑顔はそのなかの約50種類の表情筋によってつくられます。よく笑っている人は、笑うときの表情筋がよく発達していますから、笑顔をつくるのも簡単です。
逆に、いつも笑わないようにしている人は、笑顔をつくろうとしてもうまくできません。自分の歯にコンプレックスを持っていると、笑顔をみせることに抵抗を感じてしまいます。

その状態が長く続くと、意識的に笑顔をつくることができなくなってしまいます。そうなると、悪循環で、ますます気分が暗くなります。
よい循環をつくるためにも、自然に笑顔が出るように、自分の口元に自信を持つことが大事なのです。歯科のインプラントの重要さが伺えますね

また、笑顔には若さを保つという効用があります。
無表情で表情筋を使わないでいると、顔の筋肉に弾力がなくなってきて、そのなかの血管が押しつぶされて、肌のたるみ、シワ、シミの原因になるそうです。笑うことは、老化によってたれさがっていきがちな顔の筋肉を鍛え、血行をよくし、肌も美しくさせる効果があるのです。
また、大きく笑うと、全身の血行もよくなりますし、鎮痛効果や免疫機能を高める効果があることも医学的に証明されています。顔は人生を成功させる鍵だと思うほど、笑顔が果たす役割は計り知れないものがあります。
いつも笑顔でいるためには、心の持ち方ももちろん大切ですが、人前で躊躇することなく笑えるような美しい歯でいる必要があるのではないでしょうか

多くの目頭切開をみてきたから言える、本当に利用者が満足する目頭切開の解説です。